借金からあなたのお金と利益を守る方法

だれに?どんな商品サービスを?いくらで?どう売るのか?

借金からあなたのお金と利益を守る方法

必要利益を増やす4つの方法!

利益を600万円増やし2400万円にするには、どんな方法があるでしょうか?

売上高 36,000
=売価×数量
=@90×400個
変動費(仕入 材料 外注費) 28,000
= 単価×数量
= @70×400個
粗利益 8,000

固定費 6200
(人件費、減価償却費、その他の管理費)

差引利益 1,800
対策・効果 利益
売上高
検討事項
固定費
600万円減らす
2,400万円
36,000万円
600万円削減できれば、販売数 生産数を増やさずに600万円の利益の増加となる。ただし、固定費を削減することによって現状の販売数、生産数が可能かどうか。
販売数量
30個増やす
2,400万円
38,700万円
現在400個の販売を30個増やし430個販売すれば、利益が600万円増える。市場のニーズがあるのか。生産能力に余裕があるのか。営業力の強化、広告宣伝費等の増加をおさえられるのか。
売価を1.7%アップ
値引率を抑える
2,400万円
36,600万円
商品、製品に新たな付加価値をつけることによる値上げが可能か。値上げが困難な場合には、極力値引を抑えることにより販売数を増やさずに利益が確保できます。
仕入外注単価を 2.1%下げる 2,400万円
36,000万円
売上増加が困難な場合には仕入外注単価の引き下げを検討。仕切交渉、仕入先の変更、支払条件の変更等

同じ利益600万円を増やすのに必要な売上高が対策により異なります。

解決方法により必要資金が異なるので、資金内容を検討すれば解決方法は決まります。

必要利益が借金を完済する! !

必要利益が借金を返済する

金融機関への借金を完済する今期最低必要利益を生み出す必要売上高はいくらでしょうか?

毎年の借金の返済額を毎年の利益から返済しないと借金は減りません。

必要売上高=(固定費+年間借入返済額×2)÷粗利益率

当期の年間借入返済額が1,200万円の場合には、次のように計算されます。

38,738万円=(6,200万円+1,200万円×2)÷22.2%

今期は現状の粗利益率22.2%で銀行への借入返済1,200万円をし、新たに借入をしないためには年間売上高8,738万円が必要となります。

したがって、今期必要利益は.................わかりますか?

更に、必要最低利益に対する法人税等は.........いくらでしょうか?

運転資金を増して安定経営!

回収支払バランス=売上債権残高日数-仕入債務残高日数

資金改善額=月間平均売上÷30日×回収支払バランス

たとえば、次のような例で考えてみます。

売上高 36,000万円 売掛金 4,000万円

仕入高 25,200万円 買掛金 2,400万円

回収支払バランス
売上債権残高日数-仕入債務残高日数
回収支払バランス5.8日
=40.5日-34.7日
売上債権残高日数
売上から売上代金回収までの日数
4,000万円÷(36,000万円÷365日)
=40.5日
仕入債務残高日数
商品材料を仕入れから支払までの日数
2,400万円÷(25,200万円÷365日)
=34.7日
資金改善額 580万円 580万円
=3,000万円÷30日x回収支払バランス5.8日

現在より5.8日早く売上代金が回収できるようになると
運転資金残高が約580万円増えます。

お問い合わせ

今すぐお電話メ-ルでお申込みください。選択肢のどちらかに決めるは、あなたです。 決して後悔する選択はしないでください。

後悔から得るものは何もありません。 取り返せない貴重な時間と大切なお金を失うだけが後悔です今すぐにお申込みください。

TEL:046-262-8881

ページの先頭へ